刺し方 / 刺繍 / 基本の「き」

刺繍初心者さんが覚えておきたい基本ステッチ

刺繍を始めたばかりの方にとって、ステッチの種類は沢山あるので、色々チャレンジしたくなると思います。
そんな時、まず最初に覚えておきたいステッチをご紹介。やり方を動画で説明しています。

たった5種類ですが、覚えておくと、本をみた時に〇〇ステッチのちょっと応用?なんて感じで違うステッチもできちゃいます。

例えばチェーンステッチ
ここで解説するチャーンステッチを覚えたら、「レゼーデージーステッチ」も「オープンチェーンステッチ」も本をみたらサクサクっとできるようになります。
さらによく図解されている本をみたら、ブロークンチェーンステッチもケーブルチェーンステッチもできますよ。

〇〇ステッチの仲間というように分けた時、「〇〇ステッチの仲間の中で一番シンプルなステッチ」を最初に覚えることで、〇〇ステッチの仲間が理解しやすくなります。

もちろん、ステッチを全て覚える必要はなし。ステッチの名前を知らなくても刺繍を楽しむことができます。
これから刺繍を楽しむために、ぜひ動画を参考にして、シンプルなステッチから覚えてみてくださいね。

では5つのステッチを解説します。

〜ラインステッチ〜 刺繍初心者さんが、まず覚えておきたい「どこでもお任せの線を描くステッチ」

図案の輪郭、直線も曲線も線を描くステッチは沢山の種類があります。
ラインを描くステッチを一つ覚えるだけでも、刺繍を楽しむことができます。

↓は、「アウトラインステッチ」のやり方を動画で説明しています。
ステムステッチとも呼ばれるアウトラインステッチ。
左から右に、図案の線の上を反目戻るように進みます。重なりを浅く小さく刺すと細い線を描くことができます。逆に深く長く刺すと太い線になります。

〜チェーンステッチ〜 刺繍初心者さんが、まず覚えておきたい「鎖のように繋がる太めの線を描くステッチ」

鎖のように針目がつながっていくステッチです。ラインステッチの仲間よりも少し太めの線を描きます。イニシャルを刺繍する時におすすめのステッチです。
また、ぐるぐると面を埋める時にも使いたいステッチです。
チェーンステッチの仲間「レゼーデージーステッチ」は小さなお花を表現することができるほど、線や面にとどまりません。

↓は、「チェーンステッチ」のやり方を動画で説明しています。
刺し始めの位置に出ている糸のきわに針を入れて、糸をかけながら進みます。刺す幅や、糸の引き具合で好みの線を描くことができます。

〜サテンステッチ〜 刺繍初心者さんが、まず覚えておきたい「小さな面積を隙間なく糸で埋めるステッチ」

小さな丸はもちろん、花弁や葉、動物を刺繍する時など様々図案で使うことができます。線ではなく糸で面を並行に埋めることができるステッチです。
並行に刺し進めることは難しいことですが、糸の向き、引き具合が揃うと、糸の質感が最大限に活かされて、美しく、ふんわりと立体感のある表現ができます。

↓は、「サテンステッチ」のやり方を動画で説明しています。
比較的小さな面積を並行に刺し進めて、面を埋めていきます。やり方は色々あるようですが、この動画では、初心者さんにおすすめの方法を1つご紹介します。

〜ブランケットステッチ〜 刺繍初心者さんが、まず覚えておきたい「縁取りや輪郭を描くステッチ」

ブランケットの縁取りに使われることが多いステッチで、その名もブランケットステッチ。洋裁でもよく使われます。布端にステッチすると、端がしっかりします。
縁取りや輪郭を描く以外にも使うことができ、細かく刺繍することで、面を埋めることも可能です。

↓は、「ブランケットステッチ」のやり方を動画で説明しています。
ボタンホールステッチとも言われます。糸をかけながら左右どちらかに進みます。ステッチの高さ、幅は表現や用途によって使い分けます。

〜ノットステッチ〜 刺繍初心者さんが、まず覚えておきたい「立体的な点を表現するステッチ」

わかりやすく言えば「結び目」点を表現したい時はもちろん、このステッチだけを集合させて、図案を立体的に表現することもできます。

↓は、「フレンチノットステッチ」のやり方を動画で説明しています。
失敗すると解けないので、一発勝負。ひとつずつ丁寧に刺繍しましょう。

刺繍初心者さんが覚えておきたい基本ステッチ 〜まとめ〜

5つのステッチいかがでしたか?
刺繍初心者さんが覚えておきたい基本ステッチと題して解説しましたが、他にも基本と言えるステッチはたくさんあります。
どこまでが基本?なんてことは議論しないこととして、知っておくとこれからの刺繍時間が楽しく、さらに応用しやすくなるステッチを絞りに絞ってまとめました。

どのステッチをどこに使うかは、刺繍する方の表現の仕方で自由です。それは刺繍の楽しさの1つですから、ぜひシンプルなステッチを覚えるところから始めて、色々なステッチにチャレンジしてください。

プラスα

ステッチが図解されている本を探してみましょう。たくさんの本が出ていますから、ご自身がみやすいと思う本を選びましょう。
1冊あれば、イメージする表現にあったステッチを探したり、新しい発見にも繋がるのでとても楽しいです。
図案の本と一緒に1冊、ご自身の刺繍テキストとして本棚に追加してあげてください。

動画を参考に、基本のステッチを覚えて、ちくちく楽しい刺繍時間を過ごしてください!

投稿者

dwuzyante@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA