日々のレッスン

プレゼントからの二刀流宣言?

「ドゥジャンテ」栗本絵美子です。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」

以前ワークショップに参加して、バッグを作ったことがあるけれど、自分でもう一度作りたいけど作れない。

家では…

そんなお悩みを持って、レッスンに参加してくださるようになった、生徒さんがいらっしゃいます。
「家では編みません」ということでしたので、レッスンを重ねて完成を目指すことに。

お仕事がお忙しようでしたし、生徒さんそれぞれのペースで楽しんでもらえたら、私はとても嬉しいです。
他の生徒さんも「今日はここまでにします」「今日はここまで頑張りたい」と、それぞれの目標を持って、楽しくレッスンに参加してくださっていて、本当に嬉しいです!

レッスンで…

規則があるけれど、最初は「?」となるかぎ針編みの増やし目に、大苦戦をしてメモを取りながら編み進めるYさん

最初は声が聞こえていたのですが、だんだんとYさんの声が聞こえなくなって…
ちょこちょこと覗きにいくと、何度覗きに行っても、黙々と編んでいました。私が呼ばれる時は、同じところで「?」の部分。

できているけれど、不安。そういうことって、日常にもたくさんありますよね。
Yさんは編めているんです。「自信」を持って欲しいな〜と、私は思っています。

帰り際にプレゼント

ここまで編んだら次のステップに進める目標があるのですが、編んでいるものが少し大きいので、レッスン中には辿りつきませんでした。
むしろたどりつく量じゃなかったんですね。

そうしたら、帰り際に、「ここまで家で頑張って編んでみます」「ぐちゃぐちゃになっても頑張ります」って!
嬉しくて泣きそうでした。「お家で少し編んで見てくださいね〜」と、皆さんには、常々言っているので。
「家では編みません」と言っていたYさんが「家で編む」って言ってくれるなんて、嬉しすぎます♪

「家で編んでみます」この一言は、生徒さんからのプレゼント。
ありがとうございます!

さらにその日のうちに、目標のところまで編んで、次回のレッスンのお申し込みもしてくださったYさん!
感動しました。本当に嬉しいです!次回のレッスンも、楽しく頑張って、編み進めていきましょう♪

二刀流宣言?

私のレッスンではメモをとることを進めています。
メモを取っておくといい部分や、どいういう風にメモするといいのか、レッスンをしながらお伝えしています。

最近「メモをとる」ことがとても重要だと気がついてくれた、生徒さんがいらしたので、これからは二刀流で

  • 家で編む
  • メモをとる

を言い続けてみようかしら?

座るとレシピとメモ帳とペンを出している生徒さん、急増するかな?笑

投稿者

dwuzyante@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA