日々のこと / 日常 / 習い事

教わること【+α】 「せっかくお教室に通うなら…」

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のこと」「習い事」

 

私がしている習い事の一つ「書道」

書道のお稽古

 

秋の展覧会(?)用に書く文字を、数回に分けて練習をしてきました。

練習では、半紙に書いていたのですが、展覧会(?)には大きな紙に、40文字を書くんですね。

ちょっと心配をしていたことがあって…

大きな紙に書き終わるまで、集中力が持つのかしら

ということ。

 

大きな紙に書いてみた

 

1文字目を書く時の緊張感は、想像を超えていました。

1文字書いたら、40文字書き切ることになりますので…。

思い切って、筆を紙の上に置いてみると、自然と集中できて、約1時間をかけて最初の1枚を書きました。

 

文字にあらわる

 

書き始めの緊張は文字に表れていて、3行に分けて書いてある一番右は、「そうなるよね」という感じ

真ん中からはだいぶ落ち着いてきて、半紙で練習していた時のように書けていました。

不安は手から筆に伝わって、文字に現れますね。

2枚目はさらに落ち着いて、書くことができました。

先生から、「次書く時に注意するところ」をいただいて、お稽古終了。

 

書いてみると、違った…

 

最後の文字を書き終えるまで、集中力がも持つかな?

最後の方の文字が、乱れるなら、何枚書いても同じことになる気がする(><)

そんなことを思っていたのですが、結果は真逆。

1文字目よりも最後の文字の方が、お手本により近くかけているです。

そして、楽しい♪

 

どうする?展覧会(?)

 

秋頃までに提出するそうなので、月2回のお稽古で8回(4ヶ月くらい)書けそうです。

その中から、一番良いものを選びます。

回を重ねるごとに、少しでも上達していきたい。ということと、書道を学ぶことに関連した学びをえたいな〜と思っています。

 

書道に通ってよかったこと

 

1月から通っている書道で、よかったこと

  • 集中力が養われる
  • 字が綺麗になる
  • 生徒側の気持ちを体験

とても重要に思っていることは、この3つ

習い事って、通うことで、【これを学ぶ】と習うことに限らず、色々な学びがあって、すごく楽しい。

教わること以外のことは、人それぞれの感じ方もあると思いますが…

私のお教室でも『+α』掴んでもらいたいな〜

そんなことを思った、書道のお稽古でした。

投稿者

dwuzyante@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA