日々のこと / 日常 / 最新記事 / 習い事

カルトナージュが身近になった1年とちょっとを振り返ってみる

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のこと」「習い事」「カルトナージュ」

 

改めて『嬉しい』と思う瞬間

 

オンラインレッスンで、カルトナージュを習い始めてから1年以上経ちました。

先日、アドバンスコース最後の課題を終えて、ディプロマをいただきました👏

課題が終わって、頑張ったー!と一息ついた後にディプロマをいただくと。改めて『嬉しい』と思いました。

1年3ヶ月くらいでしょうか。

私にとってチャレンジでしたが、とても楽しかった♪

 

ここで、頑張って作った作品を、1人で振り返ってみようと思います・笑

よろしければ、お付き合いくださいませ。

 

basic講座

 

① 四角いトレー

 

シンプルで簡単そうに見えるのに、最初なので、角を綺麗することとか、難しかったな〜

 

② ①と同じ形で、自分で布を選んで作ったトレー

 

丸の中は、刺繍しました(^-^)

同じ形なので、復習になったことと、布選びの難しさを痛感しました。

 

③ ①のトレーを入れて使う2段式の箱

 

初めての蓋。

ちょっと緩めの蓋になりました・笑

自分で使うから許容範囲かな。

お薬入れとして、毎日大活躍しています。

 

④ 裁ち鋏が入るお道具箱

 

蓋の構造がくるくる〜と巻きつける形で使い勝手がいいんです。

中が2段構造になっているのも素敵なんですよ。

 

⑤ カラクリの箱

 

最初にサンプル写真を見た時

これは作れないでしょ!と、思っていたのに、ん?私にも作れた!

という大作。

基本を順番に習うって大事だな〜。と、実感した作品でもある。

 

 

⑥ 丸形トレー

 

丸を作るって大変💦でした。

だけど、とっても可愛いので、いつかまたチャレンジしたい!

 

start講座

 

① チェリー柄が可愛すぎる

 

  • 持ち手付きのトレー
  • とんがり帽子のキャンディーBox
  • 蓋付きの小箱

すごく基本の形とのこと。

ただ…三角の屋根は、難しかった。

さらに、大柄の布って、難しいんだと思った作品。

 

② 多分課題ではなかったけど、トレー

 

色々作ってからだったので、すごく楽しくてあっという間に出来上がったな〜

 

advance講座

 

① キュービックの引き出し

 

引き出し、難しいー!と最初から洗礼を受けた作品

このBoxを見るたびに、悲しくなる曲がっている引き出し。

カルトナージュは難しいです。

 

② 2段の引き出し

 

アドバンスコースは引き出しを極める。ということがあったようで、毎回引き出しがあるのです。

かなり慎重に作るようになったのを覚えている・笑

その甲斐あって、この箱は自分では綺麗にできた!と思っている。

そして、刺繍枠が入る大きさなので、今は私のお道具箱として大活躍してくれているお利口さんのBox。

 

③ うろこ屋根の3段引き出し

 

縦長って、組み立てが難しくて、スタートで苦戦した作品

さらに屋根の凝った作りに、びっくり!

デザインが可愛すぎてツボの使わずにおいておきたい作品、NO1

 

④ 両開きのチェスト

 

扉がね、真っ直ぐにつけるって難しいのです。私には…

でも他の部分は、綺麗に仕上がりました!

自分の成長を感じた作品。

 

⑤  自分でカルトンカットして、作るトレー

 

沢山、カルトンを切りました。

まっすぐ切ることってすごく難しいです。

切った中から、きちんと切れているものをピックアップして、1つトレーができました。

ぴったりあった時の気持ちは、とても嬉しかった!

 

まとめ?

 

気が付いたら、たくさん完成していました!

オンライン講座を受けたことで、とても身近になったカルトナージュ

今後に活かしながら、楽しんでいきます♪

 

私が受講した講座は、

cartonnage studio 布とハコと(→

カルトナージュに興味があって、習ってみたいな〜と思っている方に、おすすめ!

形が素敵で、布合わせが可愛くて、先生が優しいです(^-^)

投稿者

dwuzyante@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA