パン・ケーキ / 日々のこと / 日常 / 最新記事

《初めてのパン作り》パンマット?人口大理石?

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

2021.9〜パン教室スタートです。

今日のカテゴリーは、「日々のこと」「パン」

 

これからパン作りを始める方に【おすすめのお道具】紹介をしたら、好評をいただきました♪(前回の記事→

今回はパンマットのことを、お話します。

 

《初めてのパン作り》パンマットとは

 

パンマットは、とても丈夫な布製のものがあります。

ご参考→

これは洗わなくていいものとされているんです。

使い終わったら、綺麗にして、風通しの良いところに保管。

そして繰り返し使います。

 

パンマットの注意点

 

ただ…初めてパン作りのされる方には、ちょっとハードルが高いものでもあるんです。

風通しの良い保管場所を確保するのは、限られたキッチンの中では、ちょっと難しい。

そして、洗いたくなっちゃう。

洗ってもいいのですが、大きくて、硬くて、厚い生地なので、一苦労なんです。

こう言ってしまうと、パンマットに良いところはないと思ってしまうかもしれません。

 

《初めてのパン作り》パンマットのメリット

 

保管が大変でも、パンマットを使う最大のメリットがあります。

パン生地の水分を適度にとって、扱いやすくなる。

(糖度の高い生地(イーストの種類を変える必要があるような)は、それでも扱いにくいので、注意)

パン生地が扱いやすいだけ?と思われるかもしれませんが、パンは焼成前の生地の状態で仕上がりが大きく変わります。

簡単に言ってしまうと

扱いやすい=パン生地に優しい=良い生地ができるので美味しい。

ということにつがるんです。

なので、

  • 頻繁にパンを焼く
  • 保管場所がある

と、いう方にはおすすめです。

 

我が家はパンマット?

 

そんな話をすると…

もちろんパンマットを使っているんですよね。といわれそうですが、やめました(笑)

どんなに風通しの良い場所を選んで保管しても、油の匂いは取れないので、その匂いが苦手で(ㆀ˘・з・˘)

 

《初めてのパン作り》パンマットじゃなきゃダメ?

 

パン作りを始める方に、知っておいて欲しいこと。

初めて焼く方は、テーブルやキッチンの作業スペースをきれいにするだけで、十分です。

そして、たまにパンを焼くという方には、【人工大理石】がおすすめ。

 

《初めてのパン作り》パンマット→人工大理石

 

人工大理石がおすすめの理由は、サイズが豊富で扱いやすいので、

  • 作業台の広さ
  • 保管場所

のことを考えて選ぶことができます。

人口じゃない大理石のボードも販売されていますが、お値段がお高いことと、私が感じるだけかもしれませんが、ちょっと重い。

機能としては人工大理石で十分です。

 

《初めてのパン作り》パンマットと違う、人工大理石のメリット

 

そう、人工大理石を使う理由は、生地の温度が一定に保ちやすいからです。

なので、お料理やお菓子にも使える役に立つお道具なんです。

お手入れも楽々。洗っても、拭いても、綺麗を保ち易いです。

 

《初めてのパン作り》人工大理石の参考

 

今まで我が家では、10mmほどの厚みがある、人口大理石を使用していました。

お教室をスタートするために1枚だと足りないので、1枚追加したんです。

 

今まで使っていたものは

縦:約42cm 、横:約53cm、厚さ:約10mm

ちょっと重いくらいで、不満なしでした。

 

今回は、人口大理石と言っても種類が沢山あるので、別のタイプを購入したんです。

縦:約42cm 、横:約53cm、厚さ:約6mm

なので、厚み以外は同じ。

大きさは特に変わりませんが、厚みが薄い分、軽くなりました。(当たり前か・笑)

今までのものとの違いは、メモリがあること。

伸ばすときにメモリを参考にできるのは、とても便利です。

 

メモリの種類もいろいろありますが、今回はこちら

↓ ↓ ↓

参考→

違うメモリのタイプ→

 

《初めてのパン作り》人工大理石の選び方

 

種類がいろいろあると迷うと思いますが…

  • サイズ・厚み
  • メモリの有無
  • 滑り止め

の3点が購入時のチェックポイントと思っておくといいと思います。

 

滑り止めって重要?

 

滑り止めは重要に思う方と、意見が別れると思います。

我が家は、滑り止めマットを使用していて、人工大理石 2枚とも滑り止めがないタイプです。

こんなふうに使っています。

↓ ↓ ↓

滑り止めが付いているタイプは、便利ですが…収納時に凹凸が引っかかるかな?なんて…個人的なマイナスポイントがあるんです。

滑り止めマットは、畳んで収納できますし、他のものにも使える。

さらに、100円ショップで手に入るので、気軽でおすすめです。

 

パン教室のこと

 

パン作りが初めての方や、初心者さんが気軽に楽しく参加できるレッスンは、下記をご参照ください。

 

不明な点などご質問はお気軽に、お問い合わせフォーム、または公式ラインからメッセージをお待ちしています。

  • パン教室→
  • お問い合わせ→
  • 公式LINE→(ID検索⇨@170jaadf)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA