パン・ケーキ / 日々のこと / 日々のレッスン / 最新記事

初めてのパン作り教室【内容&感謝】

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「パン教室」

 

先日、パン教室がスタートを切りました!

当日の様子はこちらから→

かぎ針編み、刺繍のレッスンにご参加くださったことがある方もご参加いただき、賑やかにスタートしました。

感染対策のため、もちろんマスクを付けたまま。

途中の味見などは、なし。

手を拭くタオルは、各々お持ちいただき、アルコール消毒をマメにしていただきながらの開催です。

ご参加くださった皆様にご協力をいただいて、開催することができました!

 

この日を楽しみにしてくださっていたこと

 

お申込みを開始したのは、2ヶ月以上前。

早々にお申込みをくださった方がいらっしゃって、とても嬉しいスタートが切れたことを、今でも鮮明に思い出します。

そして、私と「初めまして!」の方にもご参加いただきました。

後々聞いてみたら、私の刺繍レッスンにご興味を持ってくだっさり、そこからパン教室を知ったとか。

また、ご無沙汰している方から、お問い合わせをいただいて、有給を取ってご参加いただいたり。

直前に参加できるようになって、申込たことを喜んでくださったり。

当日お会いして、改めて…

ご参加くださった方それぞれが、楽しみにしてくださっていたことが伝わってきました。

それが本当に嬉しくて、とてもありがたかったし、開催できてよかった!と心から思えました。

ありがとうございます!

 

レッスンメニュー

 

どんなパン教室?は、もちろんですが、教わるメニューは何?というのも、気になるところですよね。

今回は、

  • チーズパン(手捏ね)
  • キッシュ(オーブン料理)

でした。(12月のモニターも同じメニューです。)

パンが手捏ねの理由は、初めてパン作りをする方が、捏ね機がなくてもご自宅に帰ってからチャレンジできるから。

初めてパンを作る方、パン作り初心者さんに、ご参加いただきたいと思っているからなんです。

パン作りのハードルを下げることをモットーにしています。

 

そもそも、手捏ねを理解しているって、とても強みなんです。

パンは、生き物と同じ。

同じ配合でも、気温や湿度などによって変わります。

どんな状態がいい生地なのかわかっていると、美味しいパンがコンスタントに焼けるようになります。

なので、手捏ねのレッスンは、欠かさずやっていきたい内容でもあるんです。

もちろん、ホームベーカリーなどお持ちでしたら、捏ねの工程は、ドンと機械に任せちゃいましょう。

状態を目で確認することを、レッスンの中で覚えて下さいね。

 

空き時間を活用する

 

パンは、時間がかかるもの。

だけど時間があくもの。

  • 1次発酵
  • ベンチタイム
  • 2次発酵
  • 焼成

と手があく時間が多いのは、パン作りの特徴。

それだけパンの生地と向き合って大事に作ることができるのは、楽しみのひとつかもしれません。

ただ、その時間をそのまま待つのは、勿体ないですよね。

ご自宅にいたら、あれこれやることがあるかも知れないですが…(笑)

 

レッスンの内容をそのままご自宅で

 

 

あき時間にの間にできる、簡単なオーブン料理も一緒に作ります。

もちろん、パンとオーブン料理のレシピ付きです

サラダと一緒にワンプレートにすると、なんだか豪華なカフェランチになるんです。

 

お休みの日に家族と焼き立てパンのランチをしたり

お友達を呼んで、一緒に楽しんだりもできちゃう「映えるワンプレート」ができるようなレッスンになっています。

 

ランチ後のデザートは、できたものをご用意しています。

(今回はアマンディーヌとりんごのムース)

また、レッスンで作ったパンとは、違う種類のパンをお土産にお持ち帰りいただきます。

(今回は、渋くないレーズンパン)

 

  • パン作りを体験してみたい!
  • 簡単におしゃれなワンプレートが作りたい!

などなど…

ぜひ、下記をご覧くださいね。

 

内容盛りだくさん、お腹いっぱいのレッスン

 

パン教室→

お問い合わせ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA