かぎ針編み / 日々のレッスン / 最新記事

独学にプラス!さらに〇〇がかぎ針編み上達の秘訣?

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「かぎ針編み」

 

先日初めてレッスンに参加してくだっさった、Sさん。

始めてかぎ針を持つ方では、なかったんですね。

今ま独学で、楽しんでいらしたんだとか。

バックを作ったこともあるそうなんですよ。すごいですよね!

 

かぎ針編みのレッスンに申し込んだ理由

 

レッスンを申し込んでくださった理由は、「きちんともの作りをしたくなった!」ということでした。

ご自身で作って、使っているものを見せていただきましたが、1つの作品として出来上がっているんです。

『独学で、作品を完成することができる。』ってすごいです!

(私は最初から習ったから、本や、動画で覚えた方を尊敬しているんです。)

形になる。

でも「なぜ?」ってなる。

それが、かぎ針編みが難しいと、感じるところなのかもしれません。

『本を見てわからないところをなんとなく進んできたけれど、きちんと覚えたい』というのが、Sさんのお気持ち。

ということで、1からスタートすることになりました。

 

かぎ針編みを1から学ぶ

 

針の持ち方や、左手の使い方は、せっかくご自身で頑張って編み進みてきたのですから、できるところはそのまま。

変えたほうがいいかな?と、思うところをお伝えしていきます。

基本をレッスンで覚えるというよりは、確認しながら修正していく感じ。

なので、さくさく進んで、最初の課題2つを編み進めていました。

かぎ針編みの難所になる時もある…

 

3つ目の課題になっているのは、【長編み】

これは〈スイスイ〉進む方もいらっしゃいます。

けれど、「どこまで編む?」が難しくて、かぎ針編みの難所のようにずっと悩んでしまう方もいます。

「どこまで編む?」は、すごく大事なところなので、目数を数えて確認しながら、焦らずに1段ずつ進みましょう。

確認しながら進むと時間はかかりますが、繰り返すことで、段々と理解が深まってきます。

 

これは!!かぎ針編み上達の秘訣かも?

 

Sさん、最初はちょっと「?」となっていましたが、1段ずつ丁寧に、確認しながら進めてくださいました。

なんとなくわかってきてくださった様子。

次回のレッスンまでに、ちょっと復習してみてくださいね。

レッスンの時に、最後 きちんとできていたので、自信を持ってください!

自信を持って編み進むことは、かぎ針編み上達の秘訣かも!

独学で頑張ったことを活かして、基本をプラス!

これから、かぎ針編みを楽しんでいきましょう。また、お待ちしています。

 

かぎ針編みのレッスンのこと

 

  ・生徒さんの声→

かぎ針編み初めてさん、初心者さんが気軽に楽しく参加できるレッスンは、下記をご参照ください。

不明な点などご質問はお気軽に、お問い合わせフォーム、または公式ラインからメッセージをお待ちしています。

  • かぎ針編みのレッスン→
  • お問い合わせ→
  • 公式LINE→(ID検索⇨@170jaadf)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA