かぎ針編み / 日々のレッスン / 最新記事

感動したスヌードと格闘する編み図

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「かぎ針編み」

 

かぎ針編みで作るスヌードの完成から

 

前回のレッスンで、かぎ針編みで作るスヌードが完成したNさん

その時に、もう1つ復習を兼ねて編み始めてくださったいたんです。

その後、どうされたかな〜と思っていたら!

ご自宅で編み進めて、完成されていました👏

さらにもう1つ完成していて、レッスンで編んだスヌード以外に2つ編んでくださったので、3つ完成したんです!

レッスンに持ってきてくださって、3つ見せていただきました!

で、そのスヌードが ↓ ↓ ↓  

私、とても感動したんです。

編み地が揃うようになったことはもちろん。

前回帰られる時に、不安げに帰られたので、3つ目を完成させてくださっているとは夢にも思いませんでした。

Nさん自身は、レシピ通りにできているのか気になっていたようですが、3つとも見せていただいて、大丈夫でしたよ!

 

同じサイズ?

 

初めてこのスヌードを見た方は、もしかたら不思議に思うかもしれません。

同じサイズで3つ?って。

このスヌードは、基本がぎっしり詰まっているレシピでありながら、サイズ変更がしやすくなっています。

お子さんサイズでも、大人サイズでも作れます!

もちろん、私の手助けがなくても、サイズ変更できるので、復習に2つ以上作ってくださる方が多いアイテムです。

 

スヌードの後に作るかぎ針編みの基本アイテム

 

今回のレッスンは、【コースター】です。

かぎ針編みで、作品を作る時によく出てくる

  • 増やし目
  • 減らし目

を、学ぶ内容になっています。

ただ、目数を増やしたり減らしたりするだけではなく、模様編みにも使われるので、大切な基本。

 

これも基本

 

もう1つ大切なこと。

Nさん、「編み図が見れないと、家で編めない」と思ったそうなんです。

そう思ってもらえたのなら、編み図を中心に説明します!

編み図も基本です。

本を見て作れるようになるために、大切なことです。

このキットでは、一番混乱しやすい、段の最初と最後で増やしたり、減らしたりしているんです。

そこを編み図で理解できたら、すごくわかりやすい。

 

かぎ針編みの編み図の見方

 

手の中にある編み地は、常に右から左に進みますが、編み図は平面。

1段おきに方向が変わります。(平面を編む場合のみ)

これだけで、最初は大混乱です。

ただ、よく見てみると、立ち上がりのくさり編みが目印になります。

手の中の編み地と同じ方向に進む段と、逆に進む段がわかるようになるんです。

 

かぎ針編みの編み図と編み地

 

さらに進むと、「どこを編んでいるのかわからなくなったら、どこを確認したらわかる?」という疑問。

編んでいるものによっても違うので、「これ!」とは断言しませんが、立ち上がりのくさり編みを最初に確認。

+ 段の編み始めに特徴がある場合は、特徴を見つけるとわかりやすいですね。

そうして、編み地と、編み図を照らし合わせていくと、どこを編んでいるのか見つけることができます。

Nさんが今見ている【コースター】の編み図は、ごくごくシンプルなもの。

複雑な編み図を見る前に、少しずつわかっていってもらえたら嬉しいなぁ〜と思っています。

焦らず、次回は【コースター】を完成させていきましょう!

 

かぎ針編みのレッスンのこと

 

・生徒さんの声→

かぎ針編み初めてさん、初心者さんが気軽に楽しく参加できるレッスンは、下記をご参照ください。

不明な点などご質問はお気軽に、お問い合わせフォーム、または公式ラインからメッセージをお待ちしています。

  • かぎ針編みのレッスン→
  • お問い合わせ→
  • 公式LINE→(ID検索⇨@170jaadf)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA