刺繍 / 日々のレッスン / 最新記事

面を埋める【サテンステッチ】の疑問いろいろ?

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「刺繍」

 

サテンステッチを習いたいということで、レッスンにいらしたKさん。

ご自宅楽しまれている、キットにサテンステッチが入っていたそうです。

〈綺麗に輪郭が出ない〉というのが、お悩みだったようです。

 

面を埋めるサテンステッチは難しい?

 

ずっと刺繍をされている方が、

『サテンステッチは、刺繍を10年やっても難しい。』

なんて、おっしゃっていたことを思い出しました。

思ったように糸が収まってくれないのが、サテンステッチですよね。

刺し方によって、コツが変わるところも、難しいかな?なんて思います。

でもでも!

サテンステッチを使うと、刺繍全体にボリュームが出ますし、とにかく可愛い♡

作品のどこかに取り入れたいステッチです。

 

サテンステッチはどんな風に刺したらいいの?

 

ご自宅でどんなん風に刺していらしたのかをお聞きしたら、針のアップダウンを繰り返して刺していたそう。

やり方が間違いではないのですが、多分…綺麗に刺し進めるためには、難易度が高い方法だと思います。

刺繍を始めたばかりの方に、おすすめの方法をお伝えさせていただきました。

針を上から刺し、そのまま次の位置に針先を出す方法。

針を1回1回裏に持っていくよりも、次の位置が決まりやすいので、ステッチが安定してきます。

 

サテンステッチをすると出てくる疑問

 

お花を刺繍してくださったのですが、花びら1枚分を終えたところで、どうしてこうなるのかな?

という、疑問が沸いていました。

 

右と左

 

  • 中心から刺してるのに、左右対称にならない

その通りです。Kさんだけじゃないです。

人によって右に進む方が刺しやすい方と、左に進む方が刺しやすい方がいます。

それを理解して、気をつけて刺せればOK!

左右対称に刺すって、高度な技です。

なのに、左右を対象を目指して、中心から刺す方が刺しやすい。不思議ですね。

 

輪郭

 

次の疑問は

  • カーブが出ない

慎重に刺しすぎることが原因になりがち。

思いきって段差をつけないと、サテンステッチではカーブが描きにくいんです。

 

他に気をつけたいこと

 

他には

  • 密に刺しすぎる
  • 針を布に対して斜めに刺している

などなど…

その時々にちょっとお伝えすると、器用な方ですので、ささっと修正をされていました。

さすがですね。

ただ、『サテンステッチは難しい。』とおっしゃっていましたので、まだまだこれから伸びしろが多い感じ。

楽しみにしています!

 

サテンステッチでお花の刺繍

 

とても丁寧に刺繍してくださったので、時間内で作品の完成は難しかったのですが、ご自宅で仕上げて写真を送ってくださいました!

とても可愛いお花に仕上げてくださいました。

楽しく完成させてくださったようで、本当に嬉しいです。

色々なステッチを習得して、刺繍を楽しんでくださいね♪

 

刺繍のレッスンのこと

 

・生徒さんの声→

刺繍を初めてされる方や、YouTubeや本を見てもよくわからず困っている初心者さん 刺繍の基本を学びたい方は、下記からレッスンの詳細をご覧いただけます。

  • 刺繍のレッスン→
  • お問い合わせ→

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA