かぎ針編み / 刺繍 / 最新記事

向いてない?&自信が持てる!【かぎ針編み・刺繍】

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「刺繍」「かぎ針編み」

 

かぎ針編みは向いてない?

 

本を見てわからなかった。

だからYouTubeで!と思ったけど、できなかった。

私は向いてないのかも。

習ってもできなかったらどうしよう。

そう思いながら初めて参加してくださったUさん。

本当によく聞くお話です。

『かぎ針編みこそ最初に習おう!』声を大にして言いたい私です。

向いていないんじゃなくて、本や、動画では解説しきれないだけです。

そしてUさん

ちょっとお伝えしたら、サクサク〜っと編まれるんですよ。

ほら!向いてなくない!

 

編みたい目標が大事!

 

ご本人は編みたいものが沢山あるそうで、目標の本を見せてくれました。

本には、難しくない…的なことが表紙に書いてありますが、難しかったりする現実。

編み図が読めれば、複雑じゃない内容も含まれていました。

ただ…初めてかぎ針編みをする方には、その判断が難しいですよね。

だからって諦める必要はないです。

基本がわかればできることなので、ぜひどんどんチャレンジしてくださいね。

全力でサポートしていきます。

 

初めてのブランケットステッチ

 

先日のレッスンで、刺繍のアクセサリーにチャレンジしてくれた、Mさん

初めてのステッチ(縫い方)を初めてフェルトに刺繍しました。

チャレンジしたのは、『ブランケットステッチ』

その名の通り、ブランケットの縁取りを思い出していただけると、みたことあるー。と思われる方も多いと思います。

だからと言って、縁以外のところにも、もちろん刺繍できます。

知っていると、使いたくなる可愛いステッチです。

 

今回は、フェルトの縁を刺繍します。

最初に針を出す位置や、進み方などお伝えして進むと角が出てきます。

この角は、初めての場合、綺麗に進むのが難しい。

ただ、バランスの取り方がわかっていれば、全体をみながら刺し進めることができて、サクッとクリアできます。

1つ目の角を説明したら、その後はサクサクと進めてくださって、とっても綺麗に刺繍できていました。

 

刺繍レッスンでアクセサリー金具

 

イヤリング(ピアス)に仕立てる、このキットは、金具の取り付けも覚えることができます。

やっとこの持ち方や、丸カンのとじ方など、アクセサリーを作ったことがない方は、発見の多い内容。

刺繍のレッスンに来たら、アクセサリーが作れた!と、一石二鳥だと思ってもらえれば、嬉しいな。

 

スヌード2つ目完成

 

Mさん、私のお教室に初めて来て、初めてチャレンジしたのがスヌードだったんです。

今回寒くなる前に、2つ目を!と編み始めてくださっていたら、あっと言う間に完成!

白は初めてのかぎ針編み作品

ブラウンは完成ほやほや〜

編み地が格段に綺麗になっています。

とても編みあがりが柔らかくなりました。

さらに最初のスヌードは、言われたまま編み進めていましたが、

今回は、自分でできるところは、もくもくと、わからないことは、質問する。

理由は、『このスヌードが1人で編めるようになったら、自信が持てると思うから。』

今回の完成も、自信に繋がったと思います。

すでに、次の糸はお手元にあって、3つ目にチャレンジする予定。

ぜひ、楽しみながら編んでくださいね!

 

かぎ針編み・刺繍のレッスンのこと

 

・生徒さんの声→

かぎ針編み・刺繍 初めてさん、初心者さんが気軽に楽しく参加できるレッスンは、下記をご参照ください。

不明な点などご質問はお気軽に、お問い合わせフォーム、または公式ラインからメッセージをお待ちしています。

刺繍のレッスンメニュー→

かぎ針編みのレッスンメニュー→

お問い合わせ→

公式LINE→(ID検索⇨@170jaadf)  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA