かぎ針編み / 日々のレッスン / 最新記事

繋ごう!モチーフ!完成したい!年末?

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「かぎ針編み」

 

もっち前の器用さで、かぎ針編みが上達!

 

持ち前の器用さを発揮して、チャレンジしてくださっているUさん

初めはYouTubeを見てチャレンジしてみたけど、全くできなかった!

と、言っていた方と同一人物とは思えないほど飲み込みが早く、どんどんきれいに編めるようになりました。

今はマルチカバーを大きく作るために、頑張っています。

(↑はサンプルなのですが、W:30 H:23 くらいです。)

たくさんモチーフが必要なので、ご自宅でコツコツ。

先日、編み終えたモチーフをたっぷり持って、レッスンにきてくださいました。

 

かぎ針編みのモチーフ「糸処理と繋ぎ方」

 

編んだあとの糸処理は、どの作品でもあることですが、

モチーフをつなぐ作品を作るときは、糸処理の回数が多い。

そこを挫けずに、きれいに糸処理することで、仕上がりが美しくなります。

糸処理が終わったら、モチーフを並べる位置を確認。

 

「かぎ針編みを◯の上で考える」ことを、生徒さんから学ぶ!

 

Uさん、よくメモを取っています。

マルチカバーのモチーフの位置を考える時、Uさんはどうしたでしょう?

サイズが大きくモチーフの枚数が多いので、色々なパターンで配置できます。

だから悩むんですよね。

そこで!Uさんは、紙に書いて、色を塗って考えたそうです。

悩んだ結果、3色使っているので、同じ色を斜めに配置。

紙の上で考えると、落ち着いて考えられるので、良い選択!と感動しました。

この方法、みなさんにお伝えしないと!

 

「配置が決まった後」かぎ針編みの繋ぎ方は色々あるけど…

 

並べたままで、端から繋いでいきます。

このレシピは、とじ針で半目ずつ拾って繋ぎます。

いろいろな繋ぎ方がありますが、1番わかりやすい繋ぎ方を選択しました。

とてもシンプルな繋ぎ方ですが、きれいに仕上げるためには、もちろんコツがあります。

整えたり、緩んだ時の対処法など、繋ぐ時にきれいに仕上がるポイントをお伝えしました。

繋ぐ時にやりやすいと感じる持ち方は、人それぞれなので、私の持ち方をお話ししたら、合っていたみたい。

サイズを大きくしているので、モチーフ30枚。

繋げるには少し時間がかかると思いますが、のんびり楽しみながら繋いでくださいね。

この工程で、全体の仕上がりが変わります。

繋いだら、周りを可愛くする、至福の時間が待っています♡ので、頑張って!

 

かぎ針編みのレッスンのこと

 

  ・生徒さんの声→

かぎ針編み初めてさん、初心者さんが気軽に楽しく参加できるレッスンは、下記をご参照ください。

不明な点などご質問はお気軽に、お問い合わせフォーム、または公式ラインからメッセージをお待ちしています。

  • かぎ針編みのレッスン→
  • お問い合わせ→
  • 公式LINE→(ID検索⇨@170jaadf)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA