かぎ針編み / 日々のレッスン / 最新記事

かぎ針編みは復習で覚える

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「かぎ針編み」

 

前回のレッスンから、ハンドウォーマーを編んでくださているMさん。

続きから。

レッスンではスイスイと編んでくださっています。

ハンドウォーマー(スヌードも)は、ちょっと難しくなるので、みなさん少し時間がかかるアイテムです。

最初に編み始める、長編みの取る位置など、1人で編み進めてみると、忘れてしまっているところもありますよね。

色々な編み方を覚えていくと、最初のうちは「あれ?」と思うことが多いと思います。

 

私が初めて、かぎ針を持った日は、今でも忘れませんが

長編みと中長編み、どっちがどっちか全く分からなくて、間違って編んで、作品をひとつ完成させました!

その後も、区別がつくまで、すごく時間がかかったのを覚えています。

 

似ているようで、違う編み方があるのが、かぎ針編みです。

じっくり復習しながら、覚えていただけたら嬉しいです。

 

Mさんは、最初のシュシュから、必ず復習をしてくださって、1つずつ覚えてくださっています。

ハンドウォーマーも、「もう一つ、作ってみます。」とおっしゃっていたので

楽しんでいただけたら嬉しいです。

わからないところは、どんどん質問してくださいね。

 

かぎ針編みのレッスンのこと

 

  ・生徒さんの声→

かぎ針編み初めてさん、初心者さんが気軽に楽しく参加できるレッスンは、下記をご参照ください。

不明な点などご質問はお気軽に、お問い合わせフォーム、または公式ラインからメッセージをお待ちしています。

  • かぎ針編みのレッスン→
  • お問い合わせ→
  • 公式LINE→(ID検索⇨@170jaadf)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA