日々のレッスン / 最新記事

生徒さんと一緒にした、編み図の解読が楽しすぎた話

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「かぎ針編み」

 

先日のレッスンで、生徒さんとある編み方を解読していたら、楽しすぎて、写真を撮り忘れました。

 

その写真を撮り忘れるほど楽しかった、編み図の解読をした話

 

「細編みと、長編みだけで、完成するみたいなレシピがあるのだけど、編めるかしら?」

とのご相談を、少し前にいただいていて。

完成作品の写真をみたら、シンプルな編み地みたいだし、すでに中級に課題を進めていらっしゃる生徒さんなので、

「やってみては?」なんて、話していたのですよ。

 

そしたら!

先日レッスンに来てくださった時に

「これ難しい!」と、レシピを見せてくださったんですね。

細編みと、長編みで難しい!ってどんなかな?と思ってレシピ拝見。

そこから、解読が始まりました。

 

誤解のないよいうに。

本当に【細編み】と【長編み】だけです。

 

説明書きを真剣に読んだら、なるほど!楽しいとなった話

 

何が分かりにくいかというと、拾う場所。

「編み図がなんとなく読める」だと、ちょっと理解に苦しむかもしれません。

説明書きがすごく多いんですよ。

なので、編み始める前に説明書きを読まないとね。

説明書きが小さな字で、見えにくいなんて笑いつつ、真剣に読んでみました…

そしたら、こういう編み方するとこうなるんだ!

おもしろーい!となって、楽しすぎました。

 

模様が1パターン出たところで、レッスンが終了。

完成したら、見せてくださいね!

楽しみに待っています♡

 

「初心者さん向け」フレーズの罠?

 

「初心者さん向け」って書いてある、本やキット。

全く初めての方ができるかというと、私の答えはNOです。

せっかく作るなら、可愛く綺麗に完成させたい。

編み方そのものも、《文字でかぎ針編みって説明つかない》です。

そうなると自力で完成するって至難の技ですよね。

初めての方が本で基本を理解するのは、すごくすごく難しい。

色々編んでいる方が、気軽に作れるレシピ!的な感じかな。

かぎ針編みって、「?」なルールが細かく沢山あるので、綺麗に編みたい!と思ったら、

お近くのお教室で基本を学ばれることをお勧めします。

 

かぎ針編みのレッスンのこと

 

  ・生徒さんの声は、こちら

かぎ針編み初めてさん、初心者さんが気軽に楽しく参加できるレッスンは、下記をご参照ください。

不明な点などご質問はお気軽に、お問い合わせフォーム、または公式ラインからメッセージをお待ちしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA