日々のレッスン / 最新記事

1日オンラインのかぎ針編みレッスンで、会話が大事?な話

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「かぎ針編み」

 

先日は、午前・午後と、オンラインのかぎ針編みレッスンでした。

毎月ご参加くださっている皆さんです。

それぞれ前回のレッスンで編んでいた続きや、宿題の続きなどからスタート。

また、モリモリと質問を用意してくださっています。

 

Mさんは、今頑張って編み進めている《シュシュ》がもう少しで完成しそう!

このシュシュが完成したら、もう一つ編みたいとのことで、忘れかけている編み始めを再確認しました。

ぜひ、楽しみながら、もう一つも編んでみてくださいね。

 

Kさんは、宿題で編んだ2つの編みパーツが、1つなんだか大きいことに気がつきました。

よくよく確認してみると、2倍になっていたんです(笑)

1つは編めていたので、ご説明をして、もう一つは、ご自身で復習をかねて作っていただくことに。

 

午後にご参加のMさんは、1つずつコツをしっかりと学んでくださる、特に熱心な生徒さんです。

この日は、たまたまお一人だったので、たくさんの質問をしてくださっても、時間がたっぷり残りました。

その時間、普段は話さないようなことを、質問してくださったので、あれもこれもとお話ししました。

それはそれで、良い時間になった様子。

基本を学ぶ技術のみに限らず、生徒さんの考え方なども少し知れると、お伝えする内容も少しずつ変化します。

なので、生徒さんとの会話は、すごく大事にしています。

 

『無理に話して欲しい』ってことではないんですよ。

ご性格や、目的がわかると、同じことを伝える時も、変化します。

実はそんなところも大事にしているのです。

ハンドメイドとは、あまり関係なさそうなメンタル。

実は密接だと、私は思っています。

 

かぎ針編みのレッスンのこと

 

  ・生徒さんの声は、こちら

かぎ針編み初めてさん、初心者さんが気軽に楽しく参加できるレッスンは、下記をご参照ください。

不明な点などご質問はお気軽に、お問い合わせフォーム、または公式ラインからメッセージをお待ちしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA