お知らせ

アフガン編みワークショップ裏メニューは…

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「アフガン編み」

 

9月開催のワークショップ

 

先日のブログでご紹介した《アフガン編み》の【レッグウォーマー】

ブログは、こちらから。

 

その時に、裏メニューがあります!と、お知らせしていたのを覚えていてくださる方、いるでしょうか?

すでにInstagramなどで紹介しているので、もはや、「裏メニュー」でもなくなってきたけど。

 

何が裏メニューなのかお話ししておきたいと思います。

 

裏メニューの正体

 

裏メニューは、【ルームシューズ】

ウールの糸で編みます。

編み方は、アフガン編みの基本です。

 

難易度は?

 

ほぼレッグウォーマーと同じ編み方なので、時間をかければ誰でも編めるシンプル構造。

ただ、はじめてアフガン編みをする方は、ちょっと気合いがあるといいかも。

それには、理由があるんです。

 

シンプル構造なのに、気合が必要な理由

 

レッグウォーマーとほとんど同じ編み方をするのに、あえて「気合が必要」と、お伝えするには針の種類にあります。

レッグウォーマーは、シングルフックアフガン針という、針を使います。

 

ルームシューズは、

シングルフックアフガン針と、ダブルフックアフガン針という2種類を使います。

アフガン針って、2種類あるんです。

ルームシューズのつま先側は、ダブルフックアフガン針。

かかと側は、シングルフックアフガン針を使います。

さらに、かぎ針もちょこっとだけ使っています。

全部基本の編み方ですが、3種類の針を使います。

少しずつ針の動きや向きが違うので、初めて編み物をされる方は、ちょっと気合いがあると、良いかも!

丁寧にお伝えするので、そこはご心配なく。

 

両方作りたくなる♪

 

ちなみに難易度的に、ルームシューズが作れたら、レッグウォーマーは、作れます。

両方作ると、すごーく可愛いです♡

 

完成しますか?

 

「2時間半で、完成しますか?」という、ご質問をこれからいただくと思うのですが…

《レッグウォーマー》を2色のウールの糸で編んだ場合。片方完成を目指します。

ゆっくり14:30まで楽しんでいただくと、両方できる方もいらっしゃると思いますよ。

ルームシューズは、14:30まで楽しんでいただく中で、片方完成を目指しましょう!

 

注:レッグウォーマーのみ、コットン糸もご用意が可能です。

ただ、糸が少し細いため、目数と段数が増えます。

なんてことも含めながら、糸を選んんでいただけたらと、思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA