プロフィール

栗本 絵美子
埼玉県富士見市 出身・在住

昭和○○年7月23日生まれ
血液型:B
身長:167cmくらい
好きなこと:手仕事・食べる・寝る・猫と遊ぶ・フラ・仕事・晩酌・バレーボール日本代表の試合をみる
好きな花:ひまわり・ダリア
好きなパン:カイザーセンメル・バケット
好きな洋菓子:フィナンシェ・いちごのショートケーキ
好きな食べ物・その他:えんがわのにぎり・ブルーチーズ
苦手なもの:数字・横文字・アルファベット・文字列
将来の夢:冬眠すること

お菓子作りが趣味の母の影響で製菓、製パン、喫茶店経営を専門学校で学ぶ
田園調布の製菓店で製菓
某百貨店にある製菓店で製造、販売、店長を経験

28歳で脳腫瘍摘出術を受け、半身の痺れと共存する生活が始まる
同時に、笑っても引きつっている様にしか見えない、片側顔面麻痺がコンプレックスとなり、接客業を拒絶
接客とは無縁の製本工場に勤め、痺れと共に奮闘すること7年

術後の身体の変化に慣れてきたこともあり、長く続けられる仕事を模索していた時に、兄が事故で脊髄損傷
車椅子生活となる

状況の変化と共に転職を決意し、異業種にチャレンジするも挫折

転職活動を続けながら、自分と向き合う中で「かぎ針編み」に出会う
さらに「刺繍」との出会いがあり、環境の変化、転職活動に疲れていた自分が、糸に触れることで笑顔になっていることに気がつく

「糸に触れると元気になる!糸ってすごい!」と手仕事の魅力に感動!
自分が感じた魅力を、一人でも多くの人に伝えることをライフワークにするため、作家、講師として活動を開始

初心者さんが「難しい」「私にはできない」など、諦めてしまうことがとても悲しい。
楽しく、わかりやすいレッスンを心がけ、丁寧に根気よく生徒さんと向き合う

レンタルスペースでワークショップを開きながら、イベント出展などで展示販売


・マクハリハンドメイドフェスタ

・HandmadeJapanFes
・minneのハンドメイドマーケット 
・HandmadeMAKERS’
・デザインフェスタ
など…

手仕事で
・癒されてほしい
・笑顔になってもらいたい
・ほっとした時間を過ごして欲しい
その想いを実現するため、2019.4 自宅の建て直しをきっかけにアトリエを作る

初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を開設

自分自身がアクセサリー作りを通して、手先の痺れの回復が早かったこと
また、家族のことを通して、手が動く限りハンドメイドを楽しんもらえるお教室にするため、アトリエはバリアフリー
車椅子のまま受講が可能

自宅アトリエでの対面レッスンやオンラインレッスンを中心に、手仕事の魅力を伝える