お道具 / 刺繍

「刺繍」目線で選ぶ、チャコペン

刺繍をするなら、チャコペンはポイントを押さえて使い分けるのがお勧めです。
洋裁をされる方には必需品ですが、洋裁とはちょっと違う視点で、刺繍時間を快適にするお勧めチャコペンを紹介します。
刺繍した後の仕立ての時に使うチャコペンもいくつかご紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

チャコペンとは?

裁縫をする時に布に印をつける道具です。

洋裁で、切ったり、縫ったりする線を、型紙に沿って描く時に使います。
刺繍の時は、布に直接図案を描く。チャコペーパーで写した図案の線が、薄かった時、部分的に補う。など色々な場面で使います。
ポイントを押さえていくつか持っていると、使い分けることができて、刺繍時間がより快適になります。
とは言うもののチョコペンを選ぶとなると、一言にチャコペンと言っても、色々な種類があることに驚かされます。
刺繍時間を快適にするために、お勧めのチャコペンをご紹介します。

その前に…

チャコペンは代用はできる?

チャコペンは持っていないとダメですか?そんな質問をいただくことがあります。

・鉛筆タイプがあるなら鉛筆で描いて、消しゴムで消す
・熱で消えるフリクションで描いて、アイロンで消す
これが、チャコペンの代用品に名が上がる、2つ

結論を先に言ってしまうと、お勧めしません。
理由は、鉛筆は消しゴムで、消す際に布に負担がかかる上、綺麗に消えるとは限りません。
フリクションの場合、熱で色は消えますが、透明のインクが残り、角度などの条件によっては消した後が光って目立ちます。

刺繍の場合は、作品の表にくる面に線を描きますので

  • 描きやすい
  • 見やすい
  • 綺麗に消える

の3点は抑えておきたいポイントです。

描きやすいチャコペン

細い線が描けるチャコペン

細かい刺繍図案はもちろんですが、図案の線は細い方が好ましい。
直接チャコペンで描く場合も、消えかけて書き足す場合も細いチャコペンなら安心して使えます。

細かな図案の書き込みにぴったりな極細タイプと描いてある通りチャコパーアーチストがお勧め。
青と茶色の2色販売されています。布の色によって使い分けるので、2色持っていると便利です。

線が見やすいチャコペン

濃い色の布にお勧めのチャコペン

手で触っても消えにくく、1度描いたら書き足すことなく進むことができると、刺繍に集中できてとても快適です。
はっきりした白い線が描けるアイロンチャコペンシル
線を引いてすぐは色がなく、初めて使う方はびっくりしますが、少し時間がたつと白い線が浮き出てきます。
刺繍しにくいと言われる、濃い色の布でもストレスなく刺繍できます。

薄い色の布におすすめのチャコペン

図案写しマーカーは、ササッと書いても水色の線がはっきりと見えます。
ペン先が両端にある場合、インクタンクが1つのものがほとんどですが、それぞれにインクタンクある珍しいタイプとも言えます。

綺麗に消せるチャコペン

実は「見やすい線が見やすいチャコペン」として紹介したものと同じ2種類が、「綺麗に消せるチャコペン」としてもお勧めです。
理由をご紹介します。

アイロンで消えるチャコペン

色は白のみですが、とても優秀なアイロンチャコペンシル
描いた線がアイロンの熱でサッと消えます。しっかり熱をあてると、綺麗に消えてくれるので、安心して使えます。

わざわざ消すというよりも、刺繍後のアイロン掛けで線が消えてくれるので、とても効率的とも言えます。

水でサッと消えるチャコペン

図案写しマーカーは、霧吹きで水を掛けてもにじむことなく、驚くほど綺麗にサッと消えます。

図案写しに便利なチャコペーパー?チャコペンが紙?

チャコペーパーとは、チャコペーパー株式会社さんのチャコペーパーという商品名です。
同じ使い方をする、クローバー株式会社さんのチャコピーという商品もあります。
使っている方や手芸店に行ったら、「チャコペーパーはどこですか?」と聞くと欲しいものが伝わります。
そのくらいお道具の名前のように商品名が知れ渡っています。(これはちょっと余談ですが…)

チャコペーパーは、チャコのインクがついた紙で、チャコペンが紙状になったもの。と言ってもイメージしにくいでしょうか。
洋裁をされる方は、布の上にチャコペーパーを置き、その上に型紙を置いて、ルレットというお道具でなぞって線を引きます。

これは刺繍図案を写す時にも同じように使うことができます。布の上にチャコペーパーを置き、その上に図案を置いて、トレーサーという道具でなぞります。
ボールペンで線を引くようにサラッとなぞると、全く線が写らないので、かなり強めの力でなぞります。乾燥しないように気をつけると、何度か繰り返し使うことができます。
ただし、トレーサーで力を入れてなぞると、1度写しただけで図案が破けてしまうことがあります。
図案を何度か繰り返し使いたいときは、ビニールを1枚図案の上に置いた上から、トレーサーでなぞりましょう。

 

力を使わず図案が写せるチャコペン

  • 線が見やすいチャコペン
  • 綺麗に消せるチャコペン

でも紹介しましたが、図案写しマーカーの本来の使い方は、ソフトトレーシングペーパーと合わせて使い、その名の通り図案を写す道具です。
力要らずで、図案が破けることがなく繰り返し使うことができます。少し線画太いことが、少しだけ気になります。
使い方は、紙に図案を書いたら、図案の上にソフトトレーシングペーパーを置き、図案写しマーカーでなぞります。
図案が写ったソフトトレーシングペーパーを布の上に置いて、少しゆっくり図案写しマーカーでなぞります。これで図案が写るので、力要らず。
同じ図案を繰り返し写す方や、力を入れずに図案を写したい方におすすめの方法です。
ソフトトレーシングペーパーは、何度か繰り返し使えます。不要になった図案は水をかけると消えます。乾かしたら他の図案を書くことが可能です。

布に合わせたチャコペンの色選び

黒や紺、濃い赤などの布には、白。
薄い色の布には、水色やピンク。
3色揃えておくのがお勧めです。鉛筆タイプなど、3色セットで販売されているものもあります。

チャコペンの線の消し方

それぞれのチャコペンによって線の消し方が異なります。確認して方作業しましょう。
注意したいことは、水で消えると書いてある場合、水分を全体に吹きかけてしまうと、チャコペンの色が広がってしまうことがあります。
一度広がってしまうと、布全体の色が変わり、落とすのが難しくなるので、目立たなところで確認することをお勧めします。
丁寧に水を含ませた布で線を拭き取るのが安全です。

まとめ

チャコペン選びは

  • 描きやすい
  • 見やすい
  • 綺麗に消える

の3点が重要です。さらに、

  • 消し方

も確認してから購入しましょう。

プラスα

時間が経つと消えるタイプのチャコペンは、刺繍図案を写すには不向きです。刺繍している途中に、せっかく書いた図案が消えてしまいます。

刺繍に合ったチャコペンを選んで、ちくちく楽しい刺繍時間を過ごしてくださいね!

 

刺繍を習う

 

対面レッスンは、こちらから

オンラインレッスンは、こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA