刺繍

刺繍糸で遊ぼう!ちょっと残った刺繍糸の使い道〜大人も子供も楽しい簡単レシピ〜

色が豊富で綺麗。その上、1束が買い求めやすいお値段の刺繍糸ですが、余った時はどうしていますか?

増え続ける ちょっと残った刺繍糸

刺繍好きさんも、刺繍以外の用途で刺繍糸を購入した方も、ちょこっと残った刺繍糸が捨てられない。
「可愛い」「綺麗」と言って取っておくと、ちょこっと残った刺繍糸は、使い道が限られていて、どんどんたまっていきます。
その刺繍糸たちを活かしてあげる方法をご紹介します。

「可愛い」「綺麗」を楽しく活かすことができるので、新たに刺繍糸を購入したくなるかも。
ちょっと残った刺繍糸の無限ループに注意してくださいね。

よく聞く「ちょっと残った刺繍糸の使い道」

刺繍糸の使い道は、
・刺繍糸を集めて、タッセルにする
・ウッドビーズを土台に、巻玉を作る
・かぎ針で、編む
などなど…

どれも可愛く出来上がります。
他にもたくさん、ちょっと残った刺繍糸の使い道があると思いますが、その際

  • お裁縫が苦手な方
  • 巻玉を綺麗に巻くことが苦手な方
  • かぎ針編みをしない方

などはちょっと困ってしまうこともあるのではないでしょうか?
誰でも楽しく作れる、刺繍糸の使い道を考えました。お子様と一緒に楽しく作っていただけますよ!

誰でもできる!簡単な刺繍糸の使い道「ヘアゴム」

まずは材料を準備します。
お家にあるものや100円ショップで揃うものばかり。
たくさん作ってお友達にプレゼントをしたり、バザーに出品するものとして、みんなで作る。
そのくらい、手に入りやすい材料で、とても簡単。個性も出るのでおすすめです。

100円ショップで揃う材料

・くるみボタン(大きめの方が扱いやすい)
・ヘアゴム(輪になっていないもの)
  

お家にあるもので揃う材料

・布(包みボタンのセットの中に、必要な大きさが書いてあるので参考にしてください)
・ちょっと残った刺繍糸(60センチ1束程度)
・ボンド

おすすめの刺繍糸の使い道 ヘアゴムの作り方

先にざっくりと文字で説明をしておきます。

  • 材料を準備
  • くるみボタンのセットの中に書いてある、必要な大きさに布を切る(くるみボタンの大きさプラス3センチくらい)
  • 刺繍糸を1本ずつ取り出して揃える
  • 刺繍糸を布の幅に合わせて切る(短くなりすぎないように注意して、何度か折っり、輪になった部分を切る)
  • 布の表を上にして置き、その上に刺繍糸を置く

刺繍糸を置くときの注意点

  • くるみボタンの大きさを確認する
  • 端に置かない
  • 1箇所に集中させない
  • はめるために使う道具を刺繍糸の上に置く
  • 糸が端にないか、集中しているとところがないか確認したら、ひっくり返す
  • くるみボタン置いて押してから、道具いはめたまま表がイメージ通りになっているか確認する
  • 糸の位置を変えたい場合、このタイミングで修正する
  • 表がイメージ通りになったら、裏側の布や糸を中心に向かって倒す
  • 裏側をはめたときに糸がたるむことがないよう、糸と布を整理する
  • ボンドを少しつけて、くるみボタンの裏側をはめる
  • ヘアゴムを通して結ぶ(結ぶ前に小さなくるみボタンを作っておいて、一緒に通すのもおすすめです)

刺繍糸の使い道「アレンジ編」

ブローチやマグネットに仕立てる方法をご紹介します。

「ブローチ」「マグネット」も刺繍糸の使い道してお勧め


・ペンチを使います。
ブローチもマグネットも、まず最初にくるみボタンについている、足の部分をペンチで取り外します。
かなり力のいる作業なので、怪我に注意してください

簡単かわいい「ブローチ」

・ヘアゴムの代わりに、ブローチピン
100円ショップでいくつか入っているものがビーズなどが並んでいるのコーナーでみかけます。

足を外したくるみボタンで、ヘアゴムの時と同じように途中まで作ります。
ゴムを通す場所を取り除いた部分にブローチピンをボンドで貼り付けます。
*この時つかうボンドは、金属がつくタイプを選ぶことをお忘れなく!
ボンドがしっかり乾いたら完成です。

実用的で可愛い「マグネット」

・ヘアゴムの代わりに、丸いマグネット
100円ショップでたくさんくっついてセットになっているものが、文具コーナーに並んでいます。
丸いタイプは、強力なものしか見かけたとこがありませんが、もしタイプを選ぶなら、迷わず協力なタイプを選んでください。

・あれば、フェルト。または布(大きさは、くるみボタンと同サイズ)
裏側に使いますが、なくてもいいもの。あると使う場所に黒ずみや、傷がつきにくくなるので、保護の目的で使います。

足を外したくるみボタンで、ヘアゴムの時と同じように途中まで作ります。
裏側の真ん中に、マグネットを貼りつけます。
*この時つかうボンドは、金属がつくタイプを選ぶことをお忘れなく!
その上からフェルトを貼り付けます、そのときにボンドはマグネットの部分と、くるみボタンの裏側に1周つけます。

フェルトを真ん中に置いてから、くるみボタンの裏側にフェルトを埋め込むように押し込みます。竹串などを使うと作業しやすくなります。
あとはボンドがしっかり乾いたら完成です。

「刺繍糸の使い道」おすすめ!を詳しく解説している動画

上記に文字で説明したことが動画にまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。
部分的にみたい方は、下記を参照してください。

  • 材料の確認 0:20〜
  • 刺繍糸の扱い方 0:40〜
  • 共通する刺繍糸を使った包みボタンの作り方 1:05〜
  • ヘアゴム 5:28〜
  • ブローチ・マグネットの下準備 6:21〜
  • ブローチ 7:02〜
  • マグネット 7:23〜

ちょっと残った刺繍糸の使い道〜まとめ〜

誰でもできる刺繍糸の使い道はいかがでしたか?
色が綺麗で、色数豊富な刺繍糸の良さが活きる使い道です。残った色を集めたらカラフルすぎて、量だけではなく、色合わせで困ったことがある方もいるのではないでしょうか。
けれどこの方法なら、カラフルなことがプラスになり、とても可愛いヘアゴムなどが出来上がります。
タッセルの作り方がわからなくても、お裁縫が苦手でも、かぎ針編みをしたことがなくても、誰でもできるので、ぜひお子様と一緒に、お友達と一緒に楽しみながらたくさん作ってくださいね。

最後にプラスα

刺繍糸に限らず毛糸やりぼんを使うと、雰囲気が変わって個性的!
毛糸を使う場合は、硬い毛糸と太い毛糸はお勧めできません。くるむときにしっかりはめることができません。
リボンを使う場合も何枚も重ねてしまうと、分厚くなるので注意しましょう。

ちくちく刺繍時間を楽しんだあとも、綺麗で可愛い刺繍糸の使い道を見つけて、糸に癒されましょう。

 

刺繍を習う

 

対面レッスンは、こちらから

オンラインレッスンは、こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA