かぎ針編み / 基本の「き」 / 日々のレッスン

かぎ針編みは、「くさり編み」が重要

糸と針を通して笑顔をとどける。ハンドメイド講師 くりもと えみこです。

かぎ針編み・刺繍を中心に初心者さんに寄り添い「糸に触れる優しい時間」を伝えるハンドメイド教室「ドゥジャンテ」を主宰しています。

今日のカテゴリーは、「日々のレッスン」「かぎ針編み」「基本の「き」」

 

初めてかぎ針を持つなら、「くさり編み」から

 

くさり編みだけで、十分 可愛い作品が作れます。

かぎ針編みにチャレンジしたいと思ったら、最初はくさり編みに慣れることって、とても重要なんです。

そんな初めてかぎ針を持つ方から、「何から始めたらいいのかわからない…」とよく聞くことから、立ち上げた講座があります。

かぎ針編みを始めるときに、最初に受けて欲しいワークショップ(レッスンメニュー→

先日ご参加くださった方が、かぎ針を初めて持つということで、↑の講座で、シュシュを作ってくれました。

 

丁寧に編むくさり編み

 

少しでもチャレンジしたことがある方は、サクサク〜と編み進めるくさり編みです。

そのくさり編みを丁寧に、

  • 右手→かぎ針の動き
  • 左手→糸の持ち方
  • 編み地→大きさが均等

などを考えながら編むのは、初めてだからこそ。

とても大事な時間です。

まずは、「左右の手の動き」に慣れてきましょう。

 

平面編みで重要な役割?「くさり編み」

 

前回のレッスンで、細編みをしっかり覚えたHさん(いつもとっても姿勢がいい。)

今回は、基本の編み方を使った平面編み。

細編みだけを使って、前回は作品を作りましたが、中長編み・長編みを加えての作品作り。

つまずきポイントをまとめておきましょう。

  • 立ち上がりのくさり編みの数
  • 最初に拾う目の位置
  • どこまで拾うか

この謎々みたいな、「かぎ針編みのルール」を、平面を編みながら、しっかり覚えることがとても大事です。

今回は、くさり編みのことについて書いていきます。

 

立ち上がり「くさり編み」の目数

 

  • 細編み→くさり編み1目
  • 中長編み→くさり編み2目
  • 長編み→くさり編み3目
  • 長々編み→くさり編み4目

と、いった感じで、くさり編み1目ずつ増えていきます。

これはくさり編みで、編み始める位置を、編み地の高さに合わせるため。

 

くさり編みで、高さを揃える?

 

くさり編みの大きさによっては、

  • 立ち上がりのくさり編み
  • 編み地の高さ

2つが合わないと、感じる方もいらっしゃるかも。

 

くさり編みが原因?

 

実際に編んでいるところを見てみないと、わかりませんが…

  • くさり編みの大きさ
  • 編み方の加減

この二つが合っていないことが原因です。

直すポイントは、

  • 編む作品
  • 編む癖

によって

  • くさり編み
  • 編み方

どちらを直すか変わってきます。

原因は人によって違うということ。

そして、くさり編みだけが原因ではないこと。

かぎ針編みの「基本」が大切です。

 

くさり編みって重要なんだ!

 

くさり編みは簡単だけど、重要なんだな〜と、わかっていただけたら嬉しいです。

別の記事で…

平面編みで、「謎々?」となる、「くさり編み」のことを書いていこうと思います。

平面を編むときに、皆さんが謎に感じる、「つまずきポイント」

くさり編みが重要な役割を持っています。

 

くさり編みの重要性や、謎。サクッと解決したいなら

 

対面レッスンで解決。

本を見ても、動画を見ても解決できなかった…という方が、レッスンに参加してくださることがよくあります。

レッスンでは実際に編んでいるところを見ながら、お話しできるので、1度のレッスンで解決される方もいらっしゃいます。

かぎ針編みは、基本を覚えると、すごく楽しいハンドメイドです。理解することで、作ることができる、作品の幅が広がります。

「最初に習う!」が私のおすすめ。楽しい編み物時間を過ごしてくださいね。

かぎ針編みのレッスンについて→

投稿者

dwuzyante@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA