BLOG & INFO

Lesson

やり方わかる→理解→コツを掴む

#かぎ針編み#かぎ針編み初心者

嬉しいメモ

いつもコツコツ進めてくださっている、Nさん。

先日のレッスンでは、マルチカバーのモチーフを繋ぎ終わって、縁取りからスタートです。

ここで、初めての玉編みなんです。

編み図と、編み方を確認して、説明をすると…

すでに上級さんなので、できる。

流石ですね。

形ができたら、《どう表現したいか》によって、色々微調整をしていくのです。

進みながらお伝えしていくと、レシピいっぱいに、メモをされていました。

メモを残すと、ご自身の財産になりますからね。

私にとっても、『レッスンを、大事に受けてくださっているな〜》って、とても嬉しい気持ちになります。

編み図を理解する

マルチカバーの縁取りは、残り半分。

ここからは、ご自宅で、復習をかねて進めていただくことに。

次の課題も同時に進めていきましょう!ということで…

楕円形にチャレンジなのです。

編み図とひたすら睨めっこをするのですが、印をつける場所を確認してから始めました。

楕円形の始まりを編む時のくさり編みを拾う場所など、最初に説明しておきたいことがたくさんありましたね。

目数が合わなかった時の対処法などもレッスン中にできたので、復習も大丈夫!

目数がずれた時に、なんとなく進めると編み物の【モサッ】と感が抜けません。

カウントが大事な編み図は、しっかりと合わせていきましょう。

レッスン風景
くさり編みから楕円形へ編み進めています。

増やし目がある段を、後1段残して、レッスンが終了。

ここまでくれば大丈夫ですね。

側面の模様編みは、難しくないので、編み図を読解する練習と思って、ご自宅でチャレンジしていただけるといいのかなと思います。

やり方がわかった+α

どんな時も、大事だと思うのは

「やり方がわかったから、理解した」は、ちょっともったいない。

「やり方がわかったら、コツを掴む」だと思うんです。

ここまでレッスンで進められると、どんどん上達していきますね。

Nさんは、そのお手本。

レッスンで編む時間をしっかり取ってくださるので、その都度ポイントをお伝えできます。

復習も一生懸命されていますから、かぎ針を初めて1年で、すごく上達されました!

闇雲に編むっことをしないって、大事です。

Crochet Class

初めてかぎ針を持つ方、 かぎ針編み初心者の方、 不器用な方のためのかぎ針編み教室

公式LINE

@170jaadf ・1対1のトークが可能 ・最新情報をお届け ・日程更新のお知らせ

この記事の著者

くりもと えみこ

30代後半にキャリアを模索する中で出会った かぎ針編み・刺繍に魅せられ、技術を習得。手芸の魅力を一人でも多くの人に伝えるため、講師として活動を開始。自宅の建て直しをきっかけにアトリエを持ち 45歳から始める習い事 初心者専門教室「ドゥジャンテ」主宰。
埼玉県富士見市の自宅アトリエを拠点に、かぎ針編み・刺繍の 対面レッスン、オンラインレッスンを開催する。「レッスンを受けると元気になる」と明るい雰囲気作りに定評がある。「初心者があきらめずに楽しむ」をコンセプトに癒やされる時間・心地良い空間を大切にしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表記

Copyright © 2023 栗本 絵美子 All rights Reserved.